高収入なのに独身の男性は自分が超非モテのブサイク&中身スカスカと言うことに危機感を持った方が良い

「日本人男性の年収にまつわるデータをいろいろ集めてみました」で、東京に住む独身男性の内、年収600万円以上稼ぐのは3.6%しかいないと書いたのですが、こういうデータを公開すると「俺が婚活すればモテモテになるかも」なんて勘違いする高収入男性がいたりするのですが、高収入と言うだけで婚活でモテるようになることは無いので勘違いしないで下さい。

どちらかと言うと、非モテすぎる自分の現状を嘆いた方が良いと思います。

 

おすすめマッチングアプリ

 

高収入独身男性

高収入なのにいつまでも独身の男性には主に2タイプあって、非モテのキモメン結婚願望の無い遊び人です。

結婚願望の無い非モテもいると思いますが、その人は非モテのキモメンにカテゴライズされると思って下さい。

 
2つのタイプの内、結婚願望の無い遊び人はモテてはいなくても、自分がどれくらい女性から需要あるのか把握しているので、「俺が婚活すればモテる」なんて勘違いはしません。

勘違いするのはキモメンの方で、普段女性との接点がまったく無いためにネットなどに書かれた「婚活女性はお金だけが目当て」というデマを信じてしまうのです。

 

上位3.6%年収を稼ぐのにいつまでの独身の高収入男性は自分が非モテのキモメンと言うことを自覚して下さい。

 

モテた気分にはなれる

外見がグロテスクではない高収入の非モテ男性は婚活で少しだけモテた気分にはなれます。

 
婚活で年収などのスペックはフィルターを掛けるときに使われます。

「年収600万円以上の人なら誰でも良いから結婚したい」ではなく「年収600万円以上の人の中で良い人と結婚したい」になります。

つまり、高年収なだけでは結婚できません。

 

非モテの高収入男性がモテると思って婚活を始めるとこんなことが頻発するそうです。
 

・アプローチはたくさん来るけど同年代以上のユニークな容姿をした人からばかり
・まともな容姿の人とは1~2回会ったら連絡が取れなくなる

 
若い女性からアプローチが来ると言いますか、自分からアプローチをしてもマッチングすることはできません。

年齢のフィルターに引っかかってしまいます。

 
また、同年代でも容姿の整った人からは相手にされません。

年収が数千万円あるとかなら別ですが、一般人の中では高収入と言われる600万円くらいでは他の要素(主にプロフィー写真)もしっかり見られてしまいます。

 
まともな容姿をした同年代の女性とマッチングもできますが、高収入なだけでつまらない人、年収以外に魅力のない人と判断されてしまい、すぐに連絡が取れなくなります。

お金だけが目当ての婚活女性なんてほぼ存在しませんし、いたとしても対象としているのはもっともっと高収入な人たちです。

 

とは言え、同年代以上のユニークな姿をした女性からはたくさんのアプローチをもらえますので、人生で初めてのモテた気分を味わえるかもしれません。

 

まとめ

女性の言う「高収入希望」には「恋愛対象の男性の中で」という前提がつきますので、高収入なだけでは婚活だけでなく、どんなシチュエーションでも交際に発展するキッカケにはなりません。

せっかくお金がある訳ですから、ファッションや美容について努力してみたり、女性受け良さそうな趣味を始めてみたりしてはいかがでしょうか?
 

顔面レベルが上位10%以下なのにそれなりにモテている男性は、みんな女性からの受けを良くする努力をしている人たちです。

 
仕事を頑張る事は素晴らしいことですが、仕事以外のことも頑張った方が人生は充実したものになると思います。

僕は努力を始めたのが30代半ばと遅かったのですが、アラフォーになってもそれなりの結果が出ているので、あの時に自分を変えようとして良かったなと思っています。

 

スペック診断!

モテ度の低い人がモテ度の高い人と同じような態度で異性に接しても100%口説けないですし、痛々しくて見ていられませんので、婚活を始める前に自分の客観的な価値を知っておくべきです。

客観的な価値を知ることで「釣り合う人はどんな人なのか」がわかりますし、それによって相手が格上なのか格下なのかも判断がつくので、異性に対してあり得ない態度を取ることがなくなります。

婚活で最初にすることは自分のレベルを知ることだと思いますので、ぜひスペックチェックを受けて見て下さい

⇒婚活スペックチェックを受けてみる


コメント