結婚できない婚活女性が余りまくっているのは低年収の男性が増えたからなんだけど・・・どうやって妥協しますか?

「婚活パーティーや結婚相談所には結婚できない女性がたくさん余っている」なんて話題を良く聞きますし、それは事実なのですが、単純に女性の需要が男性の供給よりも多いから余っているのではなく、供給される男性の質が悪すぎるためにそこに居残り続けなければいけない状態になっているだけです。

もし女性の供給が過多で余っているのならば婚活パーティーの参加費は男性よりも女性の方が高くなるはずですし、参加人数も多くなるはずですが、参加費も参加人数も男性の方がずっと多い状態が続いています。

女性には最強の武器「穴」がありますから、出会いの場で男性よりも多く余るなんてことは絶対にありえません。

女性は自己評価が高すぎると人生でもマッチングアプリでもヤリモク男性に遊ばれ続けてしまう。
僕は婚活で一番重要なのは、客観的な自分の価値を知ることだと思っています。 「アラフォーなのに20代の可愛い女の子狙いだなんて、お前も自分の価値をわかってないじゃないか!」とツッコミを入れたくなるかもしれませんが、無理を承知で狙っている...

 

おすすめマッチングアプリ

 

参加資格の無い男性が多い

婚活会場には参加しているけど、参加していないも同然の男性がたくさんいます。

まずはこの表を見て下さい。
 

 
40歳未満の独身男性の約85%は婚活ではまったく相手にされない年収400万円以下になっています。

15%の男性を取り合っている訳ですから、婚活女性が余ってしまうのは当然です。

「年収350万円の男性と年収250万円の女性が結婚して世帯年収600万円を目指せばよい」なんて意見もありますが、恋愛結婚ならまだしも、婚活してまでそんな生活を目指したくないと言うのが女性の本音でしょう。

 
男性の年収に関するデータは「日本人男性の年収にまつわるデータをいろいろ集めてみました」にまとめていますので読んでみて下さい。

日本人男性の年収にまつわるデータをいろいろ集めてみました
男性の年収にこだわって婚活している女性は多いと思いますが(1番はたぶん外見でしょうけど)、日本人男性がどれくらい稼いでいるのか把握していない人がほとんどでは無いでしょうか? 把握していれば「最低でも600万円は欲しい」なんて言葉は学生...

 

妥協もできない

理想を追い求めていたら何時まで経っても結婚できないので、どこかで妥協しなければいけないと婚活女性もわかっていると思うのですが、その妥協さえもできないのが現状です。
 

 
未婚男性の年収分布図を見ると、40代以上でも400万円以上は4割程度、600万円以上は2割程度でしかいなく、高齢になったからと言って急激に高収入の人が増える訳では無いことがわかります。

「アラフォーのおじさんでも年収が700万円あるなら結婚できる!」と30歳の女性が妥協しようとしても、その相手はいません。

 
婚活女性が「婚活男性はまともにエスコートできないし、服装もヤバいのばっかり・・・」なんて愚痴をこぼすと、「それくらいは妥協しなきゃダメ!そこはあなたが直してあげれば良いのよ!」とアドバイスしてくる人いますが、これはそのレベルに辿りつく男性が少ないのを知っているからです。

エスコートができなくても、ファッションがおかしくても、年収がまともな婚活男性は貴重な存在です。

婚活女性が年収ばかりにこだわっていると考えている男性が多いみたいですが、1番チェックしているのは「清潔感のある雰囲気フツメン以上かどうか」です
婚活女性に対して行った「結婚相手に最も求めるものは何?」みたいなアンケートの結果を見ると、「性格や相性が合うかどうか」が1位になっている場合が多いですが、本音と言いますか、無意識と言いますか、深層心理ではまったく違う物を彼女たちは求めていま...

 

女性余りと報道される理由

女性が余っているのではなく、まともな男性が足りていないだけなのに、どうして「婚活女性が余っている」と言われているのでしょうか?

 

男性への宣伝

男性の方が多く参加している出会いイベントばかりなので、女性の方が余っているそれがあるならすぐにでも参加したいと考えている人は多いです。

また、今までそういうイベントに参加して来なかった非モテたちに「女が余ってるなら僕にもチャンスあるかも」と勘違いさせる目的もあります。

 

女性への宣伝

男性よりも女性が少ないイベントに参加した方が結果は出やすくなるのですが、女性は同性がたくさん参加している方が安心して参加します。
(逆張りができないところが婚活女性のダメなところですよね)

「早く活動を始めないとあなたも余ってしまうよ」と言う脅しの目的ももちろんあるでしょう。

 

男性への宣伝効果は無い

「女性が余ているから参加した方が良いよ」と宣伝しても寄って来るのはヤリモクの男性だけで(婚活業者からしたら売上が増えるのでそれで問題は無いのですが)、婚活をしようか悩んでいる人が意を決して始めるキッカケにはなりません。

だってお金がありませんから・・・。

 

草食男子なんていない

「恋愛に興味を持たない草食系が増えたから婚姻率が下がっている」と言う人がいますが、それはまったくの間違えで、本当は「恋愛に興味はあるけどお金が無いから行動に移せない男性が増えている」だけです。

女性とデートを繰り返すのにはお金が掛かりますし、何より貧乏だとファッションなどに気を使えないので、女性受けする外見を手に入れることができません。

 
「趣味を優先する男性が増えただけ!」と言う非モテ男性もいますが、恋愛を蔑ろにしてまで趣味に没頭している男性の数は昔とそれ程変わらないと思います。

恋愛できないから空いてしまった時間に無料のゲームをしたり無料のアニメを見たりしているだけではないでしょうか?

 

新しい妥協点を探すしかない

・収入は良いけど超ウルトラ非モテ男性
・低収入(全体の85%)の非モテ男性
・ヤリモクの普通の男性

普通レベルの女性が婚活で出会えるのは上の3パターンの男性のみです。

高収入の普通の男性やちょっと非モテの男性がいたとしても普通レベルの女性では相手にされませんし(身体目的以外)、低収入の普通の男性は自分が相手にされる確率の低い婚活にわざわざ参加しません。
(低収入で参加しているのは女性の生態を理解していない非モテばかり)

 

この状況を理解したうえで妥協点を探さないといけません。

妥協と言うよりも現実を受け入れると言った方が正しいかもしれませんが。

 

スペック診断!

モテ度の低い人がモテ度の高い人と同じような態度で異性に接しても100%口説けないですし、痛々しくて見ていられませんので、婚活を始める前に自分の客観的な価値を知っておくべきです。

客観的な価値を知ることで「釣り合う人はどんな人なのか」がわかりますし、それによって相手が格上なのか格下なのかも判断がつくので、異性に対してあり得ない態度を取ることがなくなります。

婚活で最初にすることは自分のレベルを知ることだと思いますので、ぜひスペックチェックを受けて見て下さい

⇒婚活スペックチェックを受けてみる


コメント