「婚活をしている女性は年収の話ばかりしていますが貯金額は気にならないのかな?」と思っていろいろ調べてみたらオジサン以外は貯金に無頓着でも大丈夫と言うことがわかった

婚活で話題になる男性のスペックは年収身長職業学歴くらいで貯金額についてはみんな無頓着過ぎると思います。

 
貯金くらいあって当然と思っているのか、自分が無いから相手に求めてはいけないと思っているのでしょうか?

結婚前に貯めたの貯金(資産)は個人の物であり、結婚したからと言って自由にできるものでは無いのですが(離婚した時に分与の対象にならないことからわかると思います)、金銭感覚を知る良い指針になると思いますので、みんながどれくらい保有しているのかは把握したほうが良いと思うのですが・・・。

日本人男性の年収にまつわるデータをいろいろ集めてみました
男性の年収にこだわって婚活している女性は多いと思いますが(1番はたぶん外見でしょうけど)、日本人男性がどれくらい稼いでいるのか把握していない人がほとんどでは無いでしょうか? 把握していれば「最低でも600万円は欲しい」なんて言葉は学生...




おすすめマッチングアプリ

平成26年全国消費実態調査

総務省統計局が発表した「平成26年全国消費実態調査 単身世帯の家計収支及び貯蓄・負債に関する結果」でひとり暮らしの男女の貯蓄額がわかります。
 

 
男性の平均貯蓄額は1,118万円で中央値は480万円になりますが、高齢者が数値を押し上げているすので婚活世代はもっと少なくなります。
(高齢者は親の遺産を相続していたり退職金を受け取ったりしていて資産が大きい人が多い)
 

 
実際に年代別の貯蓄高をまとめた表を見ると、40歳未満の平均貯蓄高が373万円と3分の1しかありません。

中央値は160万円と推測できるのではないでしょうか?

 
女性の貯金額も同様に推測します。
 

 
平均額が1,279万円で中央値が679万円、40歳未満の平均貯蓄額が264万円と約5分の1なので、中央値は140万円くらいになるとおもいます。
 
 

男女共に貯金額はかなり少ないのがわかりました。

貯金が少ないから浪費家と決めつけるのは間違いです。

 
「最低でも300万円くらいは持っていて欲しい」なんて婚活アンケート結果を他サイトで良く見かけますが、それが高望みであることを知って下さい。

貯金がそれくらいある男性を希望するならば実家暮らしの子供部屋おじさんが主なターゲットになります。
 

・平成26年全国消費実態調査 単身世帯の家計収支及び貯蓄・負債に関する結果
https://www.stat.go.jp/data/zensho/2014/pdf/gaiyo2.pdf

 

貯金の目標額

老後資金として2,000万円を用意しなければいけないと金融庁が発表して話題となりましたが、結婚する2人が貯めなければいけない費用は他にもあり、一番大きいのは子供の学費で、一人につき500万円は貯めておかないといけないでしょう。

結婚した女性の出生率は2.0弱なので、2,000万円の他に1,000万円、合計3,000万円は用意する必要がありますが、無貯金から結婚後に2人でそれを作るとすると、毎年以下の金額を貯金する必要があります。
 

・30歳で結婚した場合
65歳の定年まで毎年85万円の貯金が目標になります。

・35歳で結婚した場合
65歳の定年まで毎年100万円の貯金が目標になります。

・40歳で結婚した場合
65歳の定年まで毎年120万円の貯金が目標になります。

 
30歳で結婚したら毎月約7万円の貯金が必要なのですが、結婚後の方が生活費が下がりますし、共働きでボーナスもありますから7万円くらいどうにかなるでしょう。

 

独身時代の貯金額はあまり気にしなくて良いと思います。

ましてや貯金がそれなりにあるあるセコイ奴の方が問題かもしれません。

 
例外なのは年下の女性との結婚を狙っている高齢男性で、例えば40歳の男性と30歳の女性が結婚した場合、30歳の女性に最初から高額な貯金を要求してしまう事です。

婚活で結婚してそんなのOKする人はいないでしょうから、同世代と結婚した時に40歳になったら貯まっていただろう額の850万円は最低でも持っていないといけません。

また、歳の差婚であれば共働きも期待できないでしょうから、かなりの高収入じゃないと毎月の貯金目標額が捻出できないと思いますので、歳取ってから若い子と結婚したい人はコツコツ貯金しておくようにしましょう。
(そもそもかなりの高収入じゃないと婚活で若い子とは結婚できないと思いますが)

 

こういうことを書くと「お金目当ての女は嫌だ」なんて言い出すおじさんいますが、婚活している若い子からしたらおじさんなんてお金以外の魅力無いですから見苦しいので止めましょう。

しかも本当のお金持ちよりも、平均よりちょっと多く持ってるだけの人に限って言ってるのが痛々しいです。

 

貯金額の聞きだし方

貯金額を聞く必要は無いと書いてきましたが、どうしても知りたい人もいると思いますので、聞き出す方法をいくつか紹介します。

 

ストレートに聞く

短期間で出会いから結婚を目指す婚活での出会いな訳ですから、自分の貯金額を正直に言って相手にも言ってもらうのが良いと思います。

正直に答えてくれない人は婚活しているくせに結婚を真剣に考えていない可能性が高いですし、貯金額程度の事が言えない人にはもっと気になる事、親族に宗教関係者がいるとか、持病があるとか、親の年金が無いとかを聞き出すのも大変になるので、見切った方が良い場合さえあります。

 

高い買い物の話をする

「車好きなんですか?私も車を買おうと思ってたんだけど、ローン組むのに抵抗あって買えなかったんです。一括でも払えたけど貯金がほとんど無くなっちゃうからいざと言うときに不安だし・・・」みたいな話をして相手の反応を見ましょう。

「一括で買えるなんてすごいね」「車ってローンで買うものでしょ」みたいな反応なのか「わかる。いざと言うとき不安だよね」「ローンで無駄な金利払うの嫌だよね」なのか。

 

おすすめマッチングアプリ

 

まとめ

みんなそんなにお金持ってないから期待しないこと。

風俗などで散財している人はダメですが、30歳くらいで小金を貯めている人よりも旅行に行ったり、自分への投資にお金を使っている人の方が長い目でみたら豊かな暮らしができると思います。

貯金額を聞き出す努力をするよりもそういう人を見分ける方がずっと健全ですし。

 

スペック診断!

モテ度の低い人がモテ度の高い人と同じような態度で異性に接しても100%口説けないですし、痛々しくて見ていられませんので、婚活を始める前に自分の客観的な価値を知っておくべきです。

客観的な価値を知ることで「釣り合う人はどんな人なのか」がわかりますし、それによって相手が格上なのか格下なのかも判断がつくので、異性に対してあり得ない態度を取ることがなくなります。

婚活で最初にすることは自分のレベルを知ることだと思いますので、ぜひスペックチェックを受けて見て下さい

⇒婚活スペックチェックを受けてみる


コメント