日本人男性の年収にまつわるデータをいろいろ集めてみました

男性の年収にこだわって婚活している女性は多いと思いますが(1番はたぶん外見でしょうけど)、日本人男性がどれくらい稼いでいるのか把握していない人がほとんどでは無いでしょうか?

把握していれば「最低でも600万円は欲しい」なんて言葉は学生の時にクラスで1~3番目に可愛かった子か、10歳以上年上のキモキモおやじ相手でも結婚できるお金に魂を売った女くらいしか吐けないはずです。

若くて可愛い女の子と結婚できないなら一生独身でいいやと思っている男性と同じで、ハイスぺ男性と結婚できないなら独身でも良いスタンスならばそれで良いのですが。




スポンサーリンク

民間給与実態統計調査

令和元年9月に国税局から発表された「民間給与実態統計調査」を見れば現在の日本人男性の平均年収がわかります。
 

・民間給与実態統計調査
https://www.nta.go.jp/publication/statistics/kokuzeicho/minkan2018/pdf/001.pdf

 

平均年収

 
平成30年の日本人の平均年収は約441万円ですが、男性に限定すると約545万円になります。

さらに正社員として働く人のみに限定すると約560万円まで上昇します。

 

非正規比率

これについては「民間給与実態統計調査」ではなく独立行政法人労働政策研究・研修機構の「グラフでみる長期労働統計」を参照します。
 

・グラフでみる長期労働統計
https://www.jil.go.jp/kokunai/statistics/timeseries/html/g0209.html

 

 
婚活のメイン世代となる25歳~34歳の男性の非正規率はグラフを見る限りあまり高くなく、15%前後になると思います。

男性の大半を占める正社員の平均年収が約560万円ならば600万円以上を望むのはそれほど高望みではないと思うかもしれませんがそんなことはありません。

 

年齢別年収

 
男性の30歳~34歳の平均年収は470万円なので、正社員だけに限定すれば500万円に届かないくらいになるでしょう。

 
ここまで読んで「年収600万円なくても500万円あれば大丈夫!」と考え直す人もいるかもしれませんが、ここまで用いた数字は平均値なので実際の数字よりも高くなっています。

 

年収中央値

 
このグラフは単身ではなく世帯別の所得を表したグラフなのですが、中央値は平均値に比べると2割ほど少なくなっています。

つまり個人の年収も中央値はその程度低くなる可能性があり、30歳~34歳の正社員男性の年収中央値は約400万円と推測することができます。

 

さらにもうひとつ婚活女性に悲しいデータを紹介します。
 

スポンサーリンク

 

年収別婚姻率

 
このグラフは厚生労働省が発表した「結婚の現状」からの抜粋なのですが、男性は年収が高くなると婚姻率が高くなるのがわかると思います。
 

・結婚の現状
https://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/kousei/13/dl/1-02-2.pdf

 

年収100万円~300万円の世帯が多いこと、年収300万円以下の男性の婚姻率がとても低いことを踏まえると、独身男性だけに限定すれば年収中央値は400万円よりもかなり低くなると言うことです。

 
婚活を考えている女性はまずこの事実を頭の中に入れておいて下さい。

 

年収600万円

補足として年収600万円以上の男性がどれくらい存在するのかも示しておきます。
 

 
これは中央大学文学部の山田昌弘教授の特別区議会議員講演会での講演録なのですが、東京で年収600万円以上稼ぐのは独身男性の3.6%しかいないと書かれています。

年収が高く晩婚化が進んでいる東京でこれなのですから、全国で考えたらいかに希少な存在であるかがわかると思います。
(実際に全国レベルで考えると年収400万円以上が25%しかいないそうです)

 

まとめ

僕が婚活女性に伝えたいのは年収600万円なんて高望みしないで、独身男性の一般的な年収である350万円~400万円くらいのひとを狙った方が良いよと言うのではなく、年収600万円以上の人を狙うとこんな現状でも結婚できないクソみたいな人にしか出会えないと言うことです。
(僕みたいな人のことです笑)

 
まともな人もいると思いますが、そういう人は超高望みをしているか、婚活はしているけど結婚願望はあまり高くない人だと思います。

こういう人に捕まってしまうとますます婚期が遅くなってしまうと思いますので、低年収(実際は低年収では無い)かクソを受け入れるしかありません。

 
クソな部分が人間性ではなく、ハゲとかチビとかなら受け入れられませんか?

無理ですか?

 

スペック診断!

モテ度の低い人がモテ度の高い人と同じような態度で異性に接しても100%口説けないですし、痛々しくて見ていられませんので、婚活を始める前に自分の客観的な価値を知っておくべきです。

客観的な価値を知ることで「釣り合う人はどんな人なのか」がわかりますし、それによって相手が格上なのか格下なのかも判断がつくので、異性に対してあり得ない態度を取ることがなくなります。

婚活で最初にすることは自分のレベルを知ることだと思いますので、ぜひスペックチェックを受けて見て下さい

⇒婚活スペックチェックを受けてみる


コメント