婚活の会話で男性が気を付ける事は「失言をしないこと」と「女性に話をさせること」だけ!!

「話が面白くないから婚活がうまくいかない・・・」なんて愚痴を言っている男性がいますが、婚活では面白い話をする必要なんかありません。
 

「失言をしないこと」「女性に話をさせること」だけ気を付けておけば十分です。

 
気の利いた褒め言葉を言えたり、無言の時間を作らなかったりできたらもっと良いですが、スペックと写真で選ばれている訳ですから、失点さえしなければ次に続けることができ、2~3回と会えれば交際に発展する可能性は高くなります。
 

マッチングアプリで会った女の子に「初めて写真通りの人が来た」と言われたことがあるのですが、実際の姿とかけ離れた写真を使ってマッチングしている人は「失言をしないこと」と「女性に話をさせること」だけでは上手くいきませんので悪しからず。

 

おすすめマッチングアプリ

 

失言例

失言には「聞いてはいけないこと」「言ってはいけないこと」「してはいけないこと」の3つがあり、その例を紹介したいと思います。

 

過去の恋愛話

恋愛経験の少ない男性ほど「いつから恋人いないの?」「過去に何人と付き合った経験ある?」と言った質問をしがちですが、「それを聞いてどうするの?」「なんて答えてもらったら満足なの?」と私は言いたくなります。

経験人数が少なければ満足するのだと思いますが、それは相手に「私はモテません」と言わせてるようなものなので、印象が良い訳ありません。

そもそも婚活をしている人は恋愛経験が少ない人が多く、それをコンプレックスに感じている場合もあるので、嫌な思いをさせてしまう可能性も高いです。

 

婚活の経過

「どれくらい婚活しているですか?」「今までに何人くらいに会いましたか?」と言った婚活の進捗状況を聞いている人がいますが、これも言い換えれば「どれくらい婚活で失敗し続けているのですか?」「何人くらいの男性から相手にされなかったのですか?」と今までどうして結婚できなかったのか聞いてるようなものです。

婚活で会っているので、婚活の話題は出しやすいのですが、失礼な発言にもなりやすいので注意が必要です。

 

容姿の話題

太ってる女性の前でダイエットの話、背が高い女性の前で身長の話など、相手のコンプレックスを刺激しする話はしないようにしましょう。

例えば自分の趣味がスポーツだったりすると、無意識にスポーツしない人を否定するような発言をしてしまったりしますが、相手はかなり不快に思っている場合もあるので注意です。

 

否定する

相手の趣味等に対して「それ面白くないじゃん」とか、好きな食べものに対して「それ美味しく無いじゃないですか」と言った否定的な発言を何故かする男性がいますが、自分の好きなものを馬鹿にされたらみな気分が悪くなります。

好きなものの話を聞いている時は、共感するか、興味を持ったフリをしていろいろ質問したりしてみましょう。

 

愚痴や悪口

他人の愚痴を聞くのは疲れますし、悪口を聞くのも良い気分にはなりません。

仲の良い人にもあまりしてはいけないものを、婚活で会っただけの人にするのは止めましょう。

 

プライベートすぎる話

親の事、兄弟の事、実家がどこにあるかなど、親族のことについて早い段階で質問するのは、値踏みされていると感じられてしまうので気を付けましょう。

これは男性よりも女性の方がしてしまいがちですが・・・。

 

男性は聞き役に!

2人での「話が上手」と言うのは「面白い話ができる」や「気の利いた事が言える」ではなく、「相手に話をさせることができる」です。

話をさせると言っても、ただ質問するだけだと尋問みたいになってしまうので、自分の情報を開示して信用を得てから「○○さんはどうですか?」と自然な流れで質問をしていきましょう。

 

自慢話

一番酷いのはモテ自慢、高学歴自慢、職業自慢、若いころの武勇伝ばかりを話してしまう男性です。

自慢話をする人と言うのは現実の自分に自信が無い場合が多く、その為に自ら「俺は凄いんだぞ!」と虚勢を張ってしまうですが、そんな話を聞かされる女性は苦痛で仕方がありません。

プロフィールのスペック、見た目の印象以上のことを言葉でアピールするのは不可能なので、会話ではそのような話題を一切出さないようにし、共感と信頼を得られるように心がけましょう。

 

マウンティング

これも自慢話に近いのですが、最近になって「マウンティング」と言う明確な言葉が出来、皆がダサい行為と認識するようになったので注意が必要です。

マウンティングと言うのは「俺はお前より優れているぞ」というアピールをする事で、次のような会話が例になります。
 

女「飛行機はJALよりANA派です!」
男「JALの方がビジネスクラスのラウンジ良くない?」
女「旅行先で好きなのは沖縄のビーチです!」
男「沖縄よりもプーケットとかの方が綺麗じゃん!」

 
自慢話だけではなく、相手を否定する行為も同時におこなう最悪な会話パターンなので、気にいられたいと思う相手には絶対にしないようにしましょう。

 

 

ここに紹介したことは基礎中の基礎ですが、実践できていない婚活男性が非常に多いので、これが出来るだけでも評価はかなり高くなると思います。

 

スペック診断!

モテ度の低い人がモテ度の高い人と同じような態度で異性に接しても100%口説けないですし、痛々しくて見ていられませんので、婚活を始める前に自分の客観的な価値を知っておくべきです。

客観的な価値を知ることで「釣り合う人はどんな人なのか」がわかりますし、それによって相手が格上なのか格下なのかも判断がつくので、異性に対してあり得ない態度を取ることがなくなります。

婚活で最初にすることは自分のレベルを知ることだと思いますので、ぜひスペックチェックを受けて見て下さい

⇒婚活スペックチェックを受けてみる


コメント