アラフォーの若作りは痛々しくなってしまうリスクがあるが婚活で若い女性を狙うのであれば歳相応の恰好をして中途半端な存在になってしまうよりはずっとマシ

前回のエントリー「婚活をするなら自分磨きとしてBMI20までのダイエットと汚い肌の改善を今すぐに始めましょう」で自分磨きでするべき最低限のことについて書きましたが、今回は若い女の子と交際するための若作りについて書いていきます。

婚活をするなら自分磨きとしてBMI20までのダイエットと汚い肌の改善を今すぐに始めましょう
僕はアレなお店でそこそこ遊べているので、必要最低限の自分磨きはできていると思うのですが、婚活を本格的に始める前にもう一度それについて考えてみました。 最初にしたのは、「どんな男性が女性から需要があるのか」を把握することで、それを知らな...




どんなおじさんを目指すのか

アラフォーのおじさんが20代の可愛い女の子から相手にされるには、次のどちらかのおじさんになっていないといけないと思います。

・大人の色気があるおじさん
・若く見えるおじさん

僕は大人の色気がまったくないタイプなので、若作りを心掛けています。

痛々しい若作りをするのではなく、大人の色気を出せないとしても、歳相応のオシャレをした方がモテると思う人が多いでしょうが、男女関係において高望みをするならば、中途半端な存在になるのは悪手です。

もちろん、大人の色気を出せる自信があるのならば、そっち方面の努力をした方が絶対に良いです。

若作りで20代の女性と遊べるのはアラフォーまででしょうが、大人の色気が出せればアラフィフまで行けると思いますので。

若く見える(見えない)おじさん

若作りをする前に知っておいて欲しいのが、自分は自分で思っているよりも若くないということです。

これは婚活総研(結婚相談所大手の株式会社IBJが運営)が発表した「実年齢と見た目年齢のギャップ調査」の結果を見ればわかります。

・実年齢と見た目年齢のギャップ調査
https://www.marriage-japan.net/hakusyo/detail.html/289822/

男女共に約8割のアラフォーが「自分は実年齢よりも若く見える」と思っていることがこのグラフからわかります。

しかし、見た目年齢は絶対評価ではなく相対評価なので、8割もの人が若く見える(同世代の他の人は自分よりも老けている)状況はおかしく、大半の人は自分の容姿を過大評価しているだけです。

年齢を重ねると「若く見えますね」とお世辞を言われる機会が増えますので、それを真に受けてしまっている人が多いのでしょう。

若く見えるの価値は無い

若く見えたとしても(本当は見えて無いけど)、それに価値はほとんどありません。

アラフォーの割りに若く見える人は確かにいますが、アラサーの人と比べるとやっぱり老けていて、アラフォーの中で若いだけに過ぎない場合がほとんどです。

「若く見える」というのは、「若い人と同じように魅力的」ではなく、「同世代の中ではマシ」と言うだけでしかないのに、自分に価値があると思いこんでしまっている人が多すぎます。

自分の客観的な価値を把握しないまま出会いを求めても、高望みの繰り返しになってしまい上手くいくことは無いので、勘違いしないように気を付けて下さい。

「若い」と「幼い」は違う

実年齢より若く見られるのは2パターンあり、それは「若々しい」と「幼い」で、後者の場合は「頼りがいが無さそう」「経験値が低そう(馬鹿っぽい)」「責任のある仕事をしてなさそう(怪しい・収入が低そう)」と言ったネガティブな要素を含みます。

女性の場合は歳相応の頼りがいや威厳が無くても問題無いですが、アラフォーの男性はそれが無いと魅力が低下します。

しっかりとした肩書がある、高収入を得ているなどの歳相応かそれ以上の結果が出ていない男性の場合、幼く見えてしまう若作りは避けるようにしましょう。

僕はすでに普通の大人のレールからは外れてしまっていて、幼く見られてもダメージは少ないのでこの路線でいこうと思っていますが。

僕の婚活向けスペック(プロフィール)を紹介します
このブログでは婚活体験談を書いていくことになりますので、最初に僕のスペックを紹介しておきます 一般的なスペックではないと思いますので、「嘘を書くな」と思う人もいるかもしれませんが、数字を少し曖昧にしただけで、ほとんどが真実です ...

なぜ若作りするのか?

・痛々しく見られる場合もる
・本当の意味では若く見られない
・幼く見られてしまう

ここまで書いたことをまとめると、おじさんが若作りをするのはマイナスでしかなく、女性からの評価は年相応の恰好をしている男性よりもずっと低くなるのですが、それでも若い女性と交際したいと思ったら若作りをしなければいけません。

若い女性が10人いたとして、年相応の恰好をした時に、誰からも「痛々しい」とは思われないでしょうが、「普通のおじさん」としか思われず、「交際しても良い」と思われる可能性は低くなります。

若作りをした場合、10人中9人から「痛々しい」と思われてしまうかもしれませんが、1人が「若く見えるからOK」と勘違いしてくれる可能性はあります。

1人の女性に好かれれば良いわけですから、ターゲットに合った尖ったキャラクターを目指すのが最良の方法だと僕は思います。

具体的な若作り方法

参考になるかわかりませんが、僕が行っている若作りを紹介したいと思います。

「若く見える」「アラサーかと思った」と頻繁に言われる僕が実践している若作りの方法を紹介します
「アラフォーの若作りは痛々しくなってしまうリスクがあるが婚活で若い女性を狙うのであれば歳相応の恰好をして中途半端な存在になってしまうよりはずっとマシ」で若作りおじさんを目指すべき理由を書きましたが、今回はその続きで、僕が実践している若作り方...

スペック診断!

モテ度の低い人がモテ度の高い人と同じような態度で異性に接しても100%口説けないですし、痛々しくて見ていられませんので、婚活を始める前に自分の客観的な価値を知っておくべきです。

客観的な価値を知ることで「釣り合う人はどんな人なのか」がわかりますし、それによって相手が格上なのか格下なのかも判断がつくので、異性に対してあり得ない態度を取ることがなくなります。

婚活で最初にすることは自分のレベルを知ることだと思いますので、ぜひスペックチェックを受けて見て下さい

⇒婚活スペックチェックを受けてみる


※これを読んだら僕の事がわかります
アラフォーで夜遊びばっかりしている僕が婚活を始めようと思った理由
僕は夜遊び大好きで、結婚には向いていなそうなタイプですが、2019年は婚活をしてみようかなと思っています。 今はそれなりというか、40歳手前でこんなに遊べるとは思っていませんでした。 10年前の僕よりも今の僕の方が20代...
僕の婚活向けスペック(プロフィール)を紹介します
このブログでは婚活体験談を書いていくことになりますので、最初に僕のスペックを紹介しておきます 一般的なスペックではないと思いますので、「嘘を書くな」と思う人もいるかもしれませんが、数字を少し曖昧にしただけで、ほとんどが真実です ...

ゼクシィ恋結び2019恋活応援割

コメント